毎月の返済額をできるだけ低く抑えたい方必見!!

毎月の最低返済額はお金を借りる際に必ず確認しておきたいポイントです!


毎月の最低返済額が高く支払いがきつくなり、返済のためにまた追加で借り入れ。。
このような事態に陥ると、自力で何とかするのはかなり厳しくなってきます。。


このページでは各業者ごとの返済額の比較、最低返済額の低い業者のピックアップにくわえて、
早期完済を目指す効率の良い返済方法、支払いがピンチになった時に使える返済方法なども、
解説していくのでぜひ参考にしてみてください。


毎月の最低返済額を比較してみました!

消費者金融
借入金額 10万円 20万円 30万円 50万円
プロミス 4,000円 8,000円 11,000円 13,000円
アコム 3,000円 6,000円 9,000円 15,000円
アイフル 4,000円 8,000円 11,000円 13,000円
モビット 4,000円 8,000円 11,000円 13,000円
銀行カードローン
借入金額 10万円 20万円 30万円 50万円
三井住友銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
三菱東京UFJ銀行 2,000円 4,000円 8,000円 10,000円
新生銀行レイク 3,000円 5,000円 7,000円 12,000円
みずほ銀行 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円

消費者金融で比較した場合、30万円までの借り入れであれば、
アコムの返済額が最も低いのですが、50万円の借り入れとなると、
最低返済額は15,000円と大きく上がり、最も高くなります。


自身の借り入れ予定額を考慮して、借り入れ先を選ぶようにしましょう。


銀行カードローンは多くの場合、三井住友銀行カードローンや、みずほ銀行カードローンのように、
50万円以下は最低返済金額一律1万円と設定されていることが多いです。


三菱東京UFJ銀行バンクイックや新生銀行レイクのように、細かく返済金額が設定されている
銀行カードローンはなかなかありません。


毎月の返済額で選ぶなら『三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック』がオススメ!


毎月の最低返済額は2,000円とメチャクチャ低く設定されています!
余裕をもった返済をしていきたい方にかなりオススメなカードローンです。


審査は最短30分、土日も審査可能で即日の借り入れにも対応、
三菱東京UFJ銀行に口座を持っていない場合も、口座開設ナシで利用可能、
金利は4.6〜14.6%と低金利、借入・返済はセブン銀行・ローソンATMなどのコンビニATMでも
手数料無料で利用可能となっておりかなり使い勝手も良いです。 


実質年率 借入限度額 審査時間
4.6〜14.6% 〜500万円 最短30分
土日の借入 毎月の返済額 即日融資可能時間
即日も可能 2,000円 20時まで

 

ちょっとだけお金を借りたい方!短期間の借り入れ予定ならレイクがオススメ!


新生銀行カードローンレイクも毎月の返済金額は3,000円とかなり低めに設定されています。


30日間無利息・180日間無利息といった2つの無利息サービスもあるので、
短期間・少額の借り入れを考えている方にはメリットが大きいカードローンです。


もちろん即日での借り入れにも対応しているので、急いでお金を借りたい方にもオススメです!


実質年率 借入限度額 審査時間
4.5〜18.0% 1〜500万円 最短即日
土日の借入 毎月の返済額 即日融資可能時間
即日も可能 3000円 20:30まで

カードローンの返済について詳しく知りたい方はここをCHECK!

最低返済額が低いのはうれしいけどデメリットはないの?


毎月の最低返済額が低いとメリットしかないように感じますが、もちろんデメリットもあります。


例えば10万円借りて月に1万円ずつ返済した場合と2万円ずつ返済した場合、
1万円ずつ返済した場合のほうが返済回数が多くなりますよね。


金融機関からお金を借りるということは必ず利息が発生します。
返済回数が多くなればなるほど、利息を支払う期間が長くなります。
つまり、毎月の負担が小さくなる分、最終的な利息を含めた総支払額は高くなってしまうんです。


このデメリットはしっかり把握しておく必要がありますが、
随時返済の利用でこのデメリットはなくすことができます。


効率よく返済して早期完済を目指すには!


消費者金融、銀行カードローンどちらでお金を借りても、
返済には『約定返済』と『随時返済』この2つがあります。


毎月決まった日にちに決められた金額を返済するのが約定返済。
約定返済に追加する形でいつでも自由な金額を返済することができるのが随時返済です。


毎月の最低返済額は『約定返済』のことを指します。


随時返済を上手に利用する!

随時返済は、完全に任意の返済です。
もちろん約定返済のみで返済を続けても全く問題はありません。


ですが、支払いに余裕がある月には随時返済を行うことをオススメします。
約定返済での入金は『元金+利息分』になるのに対して、
随時返済で入金した分、全てが元金に充てられます。


随時返済を行うことでこれらのメリットを得ることができます。

  • 完済までの期間を短くできる
  • 利息・支払総額を減らすことができる
  • 金融機関からの信用が高くなる

随時返済をうまく活用することで、最低返済額が低いことのデメリットはなくなります。


お金を貸す業者側は、最低返済額を低くして総返済額を高くしてやるぜ〜
なんてことは考えていません。
『毎月の返済は少なくても大丈夫なんで、確実に遅れることなく返済してくださいね。
余裕があるときは多めに返済しても良いですよ。その分早く完済できますからね。』
こんなスタンスです。


最低返済額が低い分、使えるお金の自由度は高くなると思います。
しっかり自分自身で計画をたてて効率よく返済をしていくようにしましょう!


随時返済をするときの注意点!

随時返済をした月も必ず約定返済は行われます。
約定返済を忘れると遅延損害金が発生するので忘れないようにしましょう!


今月の返済が厳しい。どうしたら良い?


お金を借りるときにはしっかりとした返済計画をたてるのが大前提ですが、
不慮の事故や病気、急な出費で返済が厳しくなってしまうときもあると思います。


こうなった時の対処法で1番やってはいけないことが、
まぁ1回くらい支払いが遅れてもいいだろうと放置することです。


返済が遅れた場合に生じるリスク

返済期日の翌日から遅延損害金が発生します。
この遅延損害金、プロミスの場合だと
10万円の借り入れをしていて30日の延滞をすると遅延利率が20.0%(実質年率)なので、
遅延損害金は
10万円×0.20÷365日×30日=1643円


なんだそのぐらいの金額なら別にいいや!って思う方もいるかもしれませんが、
返済が遅れると遅延損害金の発生だけでなく、信用情報がどんどんマイナスになっていきます。


返済遅れがあまりに続くと、俗にいうブラックリスト入りです。
今後当分の間、住宅ローンやマイカーローンあらゆるローンの審査が通らなくなります。
もちろんクレジットカードも作れなくなります。。


そのような事態を回避するために、まず返済が遅れそうなら借り入れ先に電話で相談しましょう。
返済期日を延期してもらえる業者もあります。
プロミスだと、最大30日間待ってもらえます。


事前連絡した場合も、返済が遅れ日数分は遅延損害金が発生します。
ただ、黙って返済が遅れるよりずいぶんと印象は良くなります。


返済遅れによる遅延損害金の発生を防ぐ裏ワザ

私は過去にプロミス・アイフル・レイクの3社から50万円ずつ、
合計150万円の借り入れをしていたことがあります。


毎月の支払はプロミスに13,000円、アイフルに13,000円、レイクに12,000円。。
合計38000円です。。


借り入れ当初は、毎月確実に何の問題もなく返済ができていたのですが、
諸事情があり一気に毎月の収入が半分に。。


毎月38,000円の返済なんてとうてい無理です。


この時は本当に自己破産、債務整理が頭をよぎりましたね。


しかし!私は自己破産もせずに、一度も遅延損害金が発生することもなく
無事にこのピンチを乗り切りました!


その返済方法は、毎月の返済時に発行される取引明細書を見ていて思いつきました。


本当に大丈夫かな?と不安だったのですが、まずアイフルの返済で試してみました。



毎月の最低返済金額13,000円に対して、今回入金したのが9,000円。
利息に充てられたのが7,161円、元金に充てられたのが、1,731円。


そして遅延損害金は、、、0円!!


もしかしたら利息分だけでも返済しておけば、返済の遅れにはならないのでは?と思い
試してみたのがこの方法です。
この翌月の支払い時に8,000円の入金で試してみたところ、元金充当金が1000円減って、
731円になり、やはり遅延損害金は発生していませんでした。
プロミスとレイクも同様です。


これで私は毎月の返済を38,000円から24,000円まで減らすことができ、
ギリギリですがなんとか毎月の生活費を確保することができました。


このような返済方法で半年ほど過ごし、その後収入が以前と同じくらいまで安定してきたので、
通常の返済に戻し、ボーナスなどの臨時収入を使い無事完済することができました。


この変則的な返済をしている間、業者から督促の電話等は一切ありませんでしたし、
完済後住宅ローンの審査にも通ったので、信用情報は何の問題もなく、
いわゆるブラックリストと呼ばれるものにも入っていませんでした。


この裏ワザの注意点

この方法で返済を続けると、いつまでたっても借金はなくなりません。
当たり前ですよね。利息に充てられる金額しか返済していないので、
借金の元金が減るわけありません。
つまり、利息だけを延々と支払い続けることになってしまいます。
この方法はあくまで一時しのぎです。
なるべく早めに返済計画を見直して、確実な返済を心がけましょう。