三井住友銀行カードローン


三井住友銀行カードローンは、急いでお金を借りたい、でも消費者金融はちょっと。。
できれば銀行カードローンで借入したいんだけど。。というような方にメチャクチャおすすめです!

審査は最短30分、三井住友銀行口座を持っていない方でも即日の借入可能。
三井住友銀行の自動契約機に加えてプロミスの自動契約機でカードの発行可能なので、全国約2000か所で契約手続きが可能。
インターネットバンキングSMBCダイレクトを利用している方は、来店不要、申し込みから契約までWEBで完結。
セブン銀行・ローソンATMなどのコンビニATMが手数料無料で利用可能。

金利・審査スピード・使い勝手どれもハイスペックな三井住友銀行カードローン!

当サイトの編集が、本当に即日でカード発行できるのか!申込から借入までどのくらい時間がかかるのか!実際に申込・検証してみたので、詳しく解説していきます!


実質年率 借入限度額 審査時間
4.0〜14.5% 〜800万円 最短30分
土日の借入 毎月の返済額 即日融資可能時間
即日も可能 10,000円 22時までカード発行可能


三井住友銀行カードローンは本当に即日で借入できるのか?実際に申し込んでみた!


三井住友銀行カードローンについて調査したところ、、、



◇審査は最短30分!


◇三井住友銀行の口座なしでも即日で借入可能!


◇ローンカードは即日発行!即日融資も可能!


◇土日・祝日も即日でカードローンの利用が可能!


◇金利は上限金利でも14.5%!


◇コンビニATMの利用手数料が無料!!



いやいやいや、この金利、この条件で本当に即日でお金を借りれるなら、みんなココで借りるでしょ!!


ってくらいハイスペックすぎるカードローン。


なんだかんだいって審査に時間がかかって、どうせ即日での借入は無理なんでしょ!


って思いながらも、とりあえず申込してみました。



日曜日の申込で、『銀行』カードローンだから、「早くてもカードの発行は明日になるだろうな〜」
っと思っていたので、本当に意外な結果でした!


申込からカード発行・借入まで詳細を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!


口座がない方が即日で三井住友銀行カードローンを利用するには!




インターネットからの申込

三井住友銀行カードローンの申込は、パソコン・スマートフォンでいつでも、どこからでも
24時間365日申込が可能です。


毎月第2週目の月曜深夜1:00〜5:00の間はメンテナンスのため利用できません。


最初に、申込方法を次の2つから選択することになります。



これに関しては、電話で問い合わせたところ、審査にかかる時間に影響はないとのことでしたので、
借り入れ希望額が30万円以下の方は、入力項目の少ない「かんたんお申込」から、
借り入れ希望額が30万円以上の方は、「通常お申込」から、手続きを進めます。


カードの受け取り方法は「ローン契約機で受け取り」を選択する


申込手続きを進めていくと、次のような画面が表示されます。
即日で借入をしたい方は必ず、『ローン契約機(ACM)でローン専用カードを受取』を選択しましょう!



郵送でのカード受け取りを選択してしまうと、カードと契約書が自宅に届くまでに、
1週間程度かかってしまい、即日での借入はできなくなります。


審査結果の通知

申し込みフォームに入力した電話番号に、審査結果をしらせる電話がかかります。

これは、もちろん携帯電話の番号でもOKです!



さすがに最短の30分では、審査は終わりませんでしたが、


申込から1時間程度で審査結果の連絡がありました。


審査結果の連絡は9:00〜21:00までとなっているので、
審査にかかる時間を考えると遅くても20:00までには申し込みを完了させておくことが
即日での借入の条件になるかと思います。


土日・祝日・会社休業日の申込でも即日での審査回答が可能なワケ!


どのカードローンの審査でも必ず行われる在籍確認。


これは基本的に会社への電話連絡で行われるので、
土日や祝日など、会社が休みで電話が繋がらない場合、審査が終わらず、
即日でのカードローン利用はできなくなります。


今回、申込をした日曜日は、私の勤める会社は完全休業日で、
審査の中で必ず行われる勤務先への電話連絡ができない状況だったのですが、
まさかの、その日のうちに審査を通過、審査結果の連絡がありました。


審査結果の連絡の時、
「お勤め先は本日はお休みですか?であれば、明日もう一度お電話かけさせていただいてもよろしいでしょうか?」


「明日は営業しているので大丈夫です。」


このようなやりとりをして、終了。
そのまま、契約手続きへ進みました。


このことについて、後日電話で問い合わせたところ、
審査の内容によりますが、融資をお急ぎの場合、勤務先への電話連絡は後日とらせてもらえれば、
そのまま契約手続きに進んでいただく事もあります。

とのことでした!


普段、仕事が忙しく会社が休みの日くらいしかなかなか時間が作りにくい!
このような方でも即日での利用が可能となります!


契約手続き・ローンカードの発行

審査通過後は、三井住友銀行内に設置されている、ローン契約機に直接来店、
約20分〜30分程度の手続きで、その場ですぐにローン専用カードが発行されます!



三井住友銀行カードローンはプロミスの自動契約機でもカード発行が可能!


三井住友銀行カードローンの契約・カード発行手続きは、
プロミスの自動契約機でも行うことができ、
なんと、全国約2000か所でカードの発行が可能となっています!


都心部だと三井住友銀行はよく見かけるのですが、地域によっては近所に全くない場合も。。

ワタシの住んでいた県には三井住友銀行は1件のみでした。。家から100kmの距離に。。

逆にプロミスは県内に17件もあります!

プロミスの自動契約機と提携していることにより、
三井住友銀行カードローンはメチャクチャ利用しやすくなっています。
私も契約・カード発行手続きはプロミスの自動契約機で行いました!


ローン契約機が三井住友銀行内に設置されている場合、カード発行可能時間は15時まで、
ATMコーナーに設置されている場合は21時までとなります。





銀行カードローンの場合、土日・祝日の審査を行っていないことが多いのですが、
三井住友銀行カードローンは休日の審査も行っていて、平日と同じように最短30分、即日での審査回答も可能です。


インターネットから申込、審査を完結しておけば、夜22時まで即日カード発行ができるので、
仕事が終わる時間が遅くなってしまった会社員の方、
夕方に急遽お金が必要になってしまった方でも
即日でお金を借りれる可能性がグンと高くなります!


発行されたカードを使い提携ATMで借入

カード発行を三井住友銀行に設置されているローン契約機で行った場合、
三井住友銀行ATMを利用してすぐその場で借入をすることができます!



提携コンビニATMの利用手数料が、無料なのはかなりうれしいポイントですね!


しかも、提携コンビニATMでの利用は、回数制限がなく、繰り返し何度利用しても、
ATM利用手数料はかかりません!


コンビニATMが無料で利用できることで、
夜間や休日の急な出費にも対応でき、かなり使い勝手が良いと思います!


三井住友銀行カードローンを実際に利用してみての感想とまとめ!


いくつもの銀行カードローンのスペックを調査していますが、
その中でも三井住友銀行はかなりハイスペックなカードローンです!


正直、実際に申込をしてみる前は、利用のメリットが大きい分、審査に時間がかかり、用意する必要書類も多くなるんだろーなぁと思っていました。


が、今回実際に申込をしてみた結果、


口座なし、提出した必要書類は運転免許証のみ、日曜日の申込、


申込からカード発行までにかかった時間は、1時間30分!!


本当に申込をしたその日のうちに即日でのカードローンの利用ができました!


急いでお金を借りたい!尚且つできるだけ低金利で!このような要望にバッチリ対応しているので、
当サイトの編集部としては、かなりオススメなカードローンです!


最後に、毎月の返済についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!


毎月の最低返済額と返済方法


毎月の最低返済額は50万円ごとのくくりとなっていて、
最低でも毎月10,000円の返済が必要となります。


特別高いわけではないのですが、毎月の返済額をできるだけ低く抑えたい方には
利用しにくくなるポイントになってしまいますね。。

利用残高

最低返済額

50万円以下

10,000円

50万円超 100万円以下

15,000円

100万円超 150万円以下

20,000円

150万円超 200万円以下

25,000円


逆に、利息をできるだけ抑えたい、パッと借りてパパッと返しきってしまいたい、
このような方にはオススメです。
早期完済することで余計な利息を最小限におさえて利用することができます。


口座を持っていない方は、毎月ATMでの返済(※)となるのですが、
利用開始後でも三井住友銀行の口座を開設することで、
口座自動引き落としに変更することもできます。


※提携コンビニATMで利用手数料無料で返済可能です!


返済忘れの心配も減りますし、SMBCダイレクトを利用することで
WEB上でご利用明細の確認や利用限度額増額の申し込みも可能となり、
利便性がめちゃくちゃ良くなります。


毎月の返済日を
毎月5日・15日・25日・月末の4日間から、自分で指定することができるので、
給料日の後に支払いをするようにしておけば、返済計画が立てやすいと思います!