みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンのバナー画像

申込から融資時間目安:3日〜2週間
実質年率 2.0%〜14.0%
借入限度額 最大800万円
審査時間 1日〜2日
土日祝日即日融資 非対応
カード発行

キャッシュカード付帯

スマホでATMから借入

不可

24時間365日振込対応 ※1

みずほ銀行のみ対応

※1メンテナンス時間を除く

みずほ銀行カードローンは、急ぎの人は選ぶのはNGです。理由はシンプルでとにかく借入までに色々な段階を踏まなくてはならないからです。

  • 口座開設が必ず必要
  • 申込から審査回答まで早くても2日は掛かる
  • 審査完了から契約まで数日掛かる

手順が他のカードローンよりも口座開設を行う分時間が掛かるので完全にインターネットだけで融資を受けるには早くて約3週間程度掛かります。


いや、俺口座持ってるよ!という人は、申し込み手順が本人確認書類の提出が無かったりと色々と楽ではあるのですが肝心の融資を受けれるまでに掛かる期間はそれでも約1 週間は掛かります。


結果的に一言でまとめると、いざという時の為に契約だけしておいても損はないという残念な結論になってしまうのがこのカードローン。


ただ、じゃあ申し込みしない方がいいじゃん!となりそうではありますが、スピード面以外で意外とメリットが多いんです。


  • どれだけ高くても14.0%の金利で利用が出来るのでやや他社よりも金利が低く利用出来るコト
  • キャッシュカード付帯なので口座振替でお金が落なかった時に自動で融資を行ってくれる
  • 返済用口座になっているので毎月自動で返済が行われるので忘れがない

というような生活を便利にする為の機能は充実しています。
これが特にメリットと感じる事がない人はみずほ銀行カードローンを選ばないほうが無難かもしれません、、。


みずほ銀行カードローンは融資までにマイカーローン並に時間が掛かるのが難点。


ただ、金利面は最低2.0%からになっているので他社と比べたら低金利なのがポイント。
強いて言うなら融資まで3週間くらいなら大丈夫という人ならおすすめ!



みずほ銀行カードローンを検討中の人は、、

みずほ銀行カードローンの利用を考えている人におすすめしたいローンが他にあります。


J.Score(ジェイスコア)という業者でみずほ銀行とソフトバンクが共同出資で作られているいわゆるみずほ銀行系列の業者です。


一風変わったAIスコアレンディングというものがあり、AIがスコアを判断し、融資金額と金利が決まるのですが、こちらのほうが遥かに低金利に加え、即日融資にも対応しています。



みずほ銀行の銀行口座がある人なら連携させることで金利が更に引かれるので、みずほ銀行カードローンよりもスペックはどれを見ても上位にあります。
無理強いはしませんが、確実に満足度はジェイスコアの方が高くなる結果になることは明白です。





    みずほ銀行カードローンから一番早く融資を受ける方法

    当サイトのレビュアーの方に依頼し、みずほ銀行カードローンへ契約をしてもらいました。


    レビュアーの紹介

    レビュアーのイメージ

    平田(仮名) 27歳

    不動産関係の仕事をして4年目
    未婚
    他社で借入はなし
    みずほ銀行の銀行口座は持っていない


    結果として融資を受けれたのは約1週間後でした。
    人によって違うと思いますが、概ねほとんどの人は最低でもこれくらいの日数は掛かると考えておきましょう。


    まず最初にみずほ銀行の支店で口座開設した

    カードローンへ申込前にみずほ銀行の支店へ直接行き口座開設を行いました。


    ちょっと面倒ではありましたが、理由は2つあります。


    まず、みずほ銀行カードローンの場合は、カードローンの審査の後に口座開設を行う流れとなるのですが、この口座を作るのがインターネットの場合は最低でも2週間程度掛かるからです。


    また、本人確認書類等の提出なども全て郵送なので面倒です。


    もう一つの理由はカードローンへの申し込み時に口座があれば本人確認書類の提出が無かったり既に持っているキャッシュカードへローン機能を付けてもらうだけなので郵送でカードを受け取らなくて済むからです。


    銀行口座を作るのは、わざわざ銀行へ平日の15時までに来店しないとならないので面倒ではありますよね、、。

    ですが、この後の流れが格段に早くなるので、できることなら先に口座開設を銀行の支店で作っておきましょう。


    カードローンへはインターネットで申し込みを行う

    銀行口座を開設した後はインターネットで申し込みを行いました。


    店頭でも申し込み出来ますが、用紙に記入したりが面倒なのでインターネットで申し込みを行う方がかえって早く済みます。


    なので、レビュアーの平田さんは口座開設を行いすぐに職場へ戻りました。


    インターネットからの申し込みは既に口座を作っているので「みずほ銀行口座をお持ちの方はこちら」を選択します。


    みずほ銀行の申込のイメージ


    申込を済ませ2日後に電話が掛かってきた

    申し込みを済ませるとすぐに自動返信メールが届きます。


    内容を簡単に説明すると審査を行うから返答までしばらく待ってねという内容です。


    申し込みを行ったのが月曜日の18時前後で、それから2日後の水曜日の午後14時くらいに電話が掛かってきました。


    電話の内容は審査が通ったという内容

    電話の内容は、審査が通ったという内容でした。


    勤め先の情報などに間違いはないのかという話しと借入限度額と金利の話になり、利用は金曜日には使えるようになるという内容です。


    これが審査落ちの場合なら、メールで届くようです。


    累計して5日目に借入出来た

    口座開設を行ったのが月曜日の午後で、融資を受けれるようになったのが金曜日の昼過ぎでした。


    ちょこちょこインターネットバンキングへログインし確認はしていたのですが、使えない状況でしたが気がついたら、カードローンの利用が出来るようになっていたというのが率直な感想です。


    みずほ銀行カードローンの場合の借入方法は、2パターンで

    • みずほ銀行の普通預金口座へお金を移動させる
    • みずほ銀行のキャッシュカードをATMへ入れカードローンとして出金する

    この2種類です。


    インターネットバンキングの場合は、

    • カードローン取引を押す
    • お借入口座の選択
    • 入金口座の選択
    • 借入金額の入力
    • 第二暗証番号を入力する
    • 借入実行を押す

    といった流れで融資を受けることが出来ます。
    第二暗証番号が必要なので横にカードを置くかメモ書きしていないとなりませんが、手順は簡単です。


    まとめるとみずほ銀行カードローンは急いでいる人は選ぶのはNG!

    ここまでをまとめると、融資までに他のカードローンよりも時間が掛かるという部分がネックになりそうです。


    土日祝日をはさむとその分、後日にスライドしていくのですぐに借りたいという人には向きません。


    みずほ銀行の普通預金口座を既に持っているという人で1週間程度は待てるという人なら全然ありです。


    残念ですが、その他の人はあえて選ぶ必要性のないカードローンだという結論となりました、、。


    みずほ銀行は何もデメリットだけじゃない!金利面に注目せよ!

    時間がかかりすぎるという部分で、なんだよみずほ銀行!使えねぇな!と思ってしまいそうですが、長期的に利用することを前提に考えるのならメリットも実は多いんです。


    まず金利面ですが、みずほ銀行の金利は銀行カードローンの中でもかなり低めです。


    みずほ銀行の金利 他社(銀行)の平均的な金利
    2.0%〜14.0% 14.5%

    金利は最高でも14.0%なので最も高い金利で契約しても金利はやや低金利です。
    そしてもう一つの利点(?)が月々の返済額が高めに設定されているという事です。


    みずほ銀行カードローンの毎月の最低返済額は高め

    毎月10日のご利用残高

    毎月の返済額

    1万円以上100万円以下

    10,000円

    100万円超200万円以下

    20,000円

    200万円超300万円以下

    30,000円

    300万円超400万円以下

    40,000円

    400万円超500万円以下

    50,000円

    以降100万円ごとに10,000円ずつ高くなる


    他社は10万円を切ったら2,000円などかなり低めの返済プランになるのですが、みずほ銀行カードローンは最小が10,000円です。


    これの何がメリットなんだと言いたい気持ちも分かりますが、人間、業者に言われた最低返済額しか返さないものです(笑)。


    たかが、10万円程度の融資でも完済まで多くの人は5年の年月を知らず知らずのうちにかけてしまっている事に気づかない人も少なくありません。


    基本、業者の指定する最低返済額のみだと、完済まで少なくとも5年以上は掛かると考えたほうがいいです。


    こういった意味で低金利で返済額が多い分、遥かに早く完済出来るというわけです。


    ニーズはやはり返済金額の少ないローンの方が希望者が多いので無理やり、完済するまで早くすむというメリットをとってつけたように感じますがこれが魅力として捉えれる人はみずほ銀行カードローンがおすすめです。


    ただ、上記で説明しましたが、みずほ銀行の同系列のジェイスコアの方が、金利でも融資スピードでも全て上を行くスペックなので今はこちらを選ぶほうが良さそうです。

    ジェイスコアの詳細情報についてはこちらを読んでみてください。