SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 プロミス


とにかく急いでお金が必要!今日中にカードローンを利用して借入をしたい!
そんな方に一押しな借入先がプロミスです!
審査は最短30分、実際にお金を借りるまでにかかる時間は最短1時間!
審査スピードに加え「WEB完結」の利用で、カードの発行なし!カードレスでも利用できます!
(※対象金期間は200行以上)
自動契約機の数も多く、午後からの申込み、土日祝日の申込でも、即日融資に対応しています!
申込から借入までのスピード感はピカイチで、急いでいる人には本当ピッタリな業者です!


実質年率 借入限度額 審査時間
4.5〜17.8% 1〜500万円 最短30分
土日の借入 毎月の返済額 即日融資可能時間
即日も可能 4,000円 21時までの申込み


急いでお金を借りたい人必見!!プロミスは土日も即日での借入が可能です!


  • 週末、急な飲み会に参加することになったけど、給料日前で財布がピンチ!
  • カードローンを利用してお金を借りたいけど、仕事が忙しくて土日しか時間が作れない!
  • 仕事終わりに借入したいけど、その日のうちにお金を借りることはできないの?
  • どうしても今日中にお金が借りたいんだけど…

プロミスはこのような方にオススメなカードローンです!


このページでは、即日で借入をするためのポイント・注意点を解説していきますので、
ぜひ参考にしてみてください!


申込はインターネットで24時間365日可能!スマホからでもOK!


プロミスへの申込はスマホからも可能で、
仕事の休憩時間、朝の通勤電車の中、いつでもどこでも申込可能です!


実際に入力してみましたが、だいたい10分程度で申込手続きは完結できます。


スマホからの申込の場合、本人確認書類(運転免許証)の提出を、
スマホカメラで撮影、そのままアップロードという流れで利用できるので手続きが非常にカンタンです!


急いでいる方はフル入力で申込をしましょう!



フル入力は入力が終わった段階で審査が始まるのに対し、
カンタン入力の場合は電話連絡が入り10項目以上を、
電話で伝える必要があります。


自宅住所・勤務先名・勤務先住所などの情報を漢字などの説明をしながら、
口頭で伝えるのはけっこうめんどうですし、時間がかかります。。


フル入力申し込みですべての項目を入力したほうが
審査回答までの時間は確実に短縮されます!


口座への振込で借入をする際のタイムリミット!


即日での振込融資を希望する場合、
自身の振込先金融機関の営業時間内にすべての手続きを終わらせておく必要があります。


何時まで振込融資可能?プロミスに直接電話して聞いてみました!


ほとんどの金融機関が15時には営業が終わってしまうのでプロミスとの手続きは、
14時までには終わらせておくことが望ましいとのことでした。


『プロミスは審査が最短30分!申込から融資まで最短1時間!』
このように公式サイトに書いてあるから、13時までに申し込めば大丈夫!!
ということにはならないので注意が必要です。


あくまで最短1時間ですので、即日での借入を希望する場合はできるだけ早い時間、
24時間申込できるので夜中のうちに申し込む、
遅くとも午前中の早い時間に申込はしておくことをオススメします。


14時を過ぎても振り込みでの借入が可能になる新サービス『瞬フリ!!』


『瞬フリ』は申込・契約完了後に、プロミスの会員サービスログインして、
簡単な登録振り込み手続きをすることで
24時間365日、最短10秒で振込での借入が可能となるプロミスの新サービスです!!


『瞬フリ』を利用することで


土日・祝日の申込、夕方以降の申込でも即日での振込融資が可能となります!


ただ、このサービスを利用するには、



このどちらかの口座を利用していることが条件となり、どなたでも利用可能というわけではありません。


この口座を持ってないし、14時を過ぎてしまった!という方は自動契約機に向かいましょう!


自動契約機なら夕方からの申込みでも即日でのカード発行・借入が可能!


・仕事が忙しく14時までに申込手続きを完結できなかった…
・土日に急な出費でお金が必要になった。


このような場合も、プロミスなら即日でお金を借りることが可能です!


方法はいたって簡単。


インターネットでの申込完了後に、最寄りの自動契約機に行くだけです。


審査をインターネットからの申込で完了していれば、あとは簡単な契約手続きのみでOK!
その場でローンカードの発行、そのままプロミスATMで借入することができます!!


プロミスの契約手続き・ローンカードの発行は全国約25,000カ所で可能!


プロミスの自動契約機に加え、三井住友銀行(SMBC)のローン契約機も利用可能で、
この2つを合わせると、
全国約2500か所でローンカードの発行・契約手続きができます!


近場に自動契約機がなくて困ったなんてことは少ないと思います。


自動契約機は夜22時まで営業していて夜間も即日融資が可能!


自動契約機は9:00〜22:00(一部〜21:00)まで利用できます。


ですので、日中にインターネットで申込・審査を終わらせておきさえすれば、
仕事帰り、少々時間が遅くなっても即日での借入が可能となるので、
忙しくて時間が作りにくい会社員の方でも利用しやすいです!


この時間内であれば、ローンカードを発行することができるのですが、
契約手続きの時間も考慮して、できるだけ早めの時間に来店することをオススメします!!


土日・祝日の申込で即日融資をする場合の注意点


即日でのカードローンの利用ができるかどうか、大きなポイントになるのが、
審査の際に行われる『在籍確認』です。


申し込み時に記入した会社に本当に務めているかの確認、
在籍確認は基本的に勤務先への電話連絡にて行われます。


土日・祝日も会社に電話が繋がるよ〜って方は問題ないのですが、
週末は会社が休みという方は、次のような申請が必要になります!



オペレータに相談することで、電話以外の方法で、在籍確認を完結できる可能性があります。


※相談の結果、勤務先への電話連絡で在籍確認となる場合もあります。


プロミスは本当に即日で借入することができるのか?実際に申込してみた!


プロミスの公式HPに『最短1時間融資も可能』とあるので、
本当にそんなに早くお金が借りれるのか試しに申込してみました。


昼休みに申込しようと思っていたのですが、仕事が忙しく夕方17時の申込になってしまったので、
審査結果は翌日になるかな〜と思っていたのですが…



申込から実際にお金を借りるまでの流れはこんな感じです。



審査は申込順に行われるので、
申込をする日時によって審査にかかる時間は変わってしまいますが、
私の場合、1時間程度で審査結果の連絡がありました。


後は、帰宅途中にある、プロミスの自動契約機によって、
カードの発行・ATMで借入という流れで利用したのですが、
先にネットで申込・審査を終わらせておいて良かった〜って思いました。


もちろん、直接自動契約機で申し込みをしても即日での借入は可能なのですが、
お世辞にも広いとはいえない契約機と椅子のみ設置された、
狭い空間で長時間審査結果を待つのはけっこうツラそうです。。


ネット申込をしておけば、自動契約機で行う手続きはカードの発行のみで済みますし、
もし審査に通らなかった場合、せっかく店頭に出向いたその時間が無駄になってしまうので、
申込・審査は先に終わらせておくことをオススメします。


即日融資だけじゃない!プロミス利用のメリット!!


初めての借入から30日間は無利息で利用可能!


30日無利息のサービスを行っている業者はいくつかあるのですが、
他社のこのサービスは契約した日からスタートします。


それに対してプロミスは、初めての借入をした日の翌日から
30日間無利息がスタートします。


即日での借入を希望している方は、焦って借入してしまうと、
このサービスを利用できなくなってしまうので要注意です。


初めての借入をする前に、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です!


登録はプロミスホームページにログインし、マイページで簡単に行えます!


忘れずに登録して、お得なこのサービスを利用しましょう!


郵送物なしカードレスでの利用が可能!


『Web完結』を利用することで、極端な話家から1歩も出ることなく、
申込・借入・返済まですべての手続きを完結できます!


カードレス、利用明細はWebで確認するので、自宅への郵送物が一切なく、
家族に内緒でカードローンの利用をしたい人も安心です!


返済は口座からの自動引き落としとなるのですが、



これら、多くの主要金融機関から口座振替が可能です。


プロミスでお金を借りた場合の毎月の返済額は?


毎月の返済額は、適用される金利や借入する金額によって変化しますが、
上限金利17.8%での返済シュミレーションは次のようになりますので、参考にしてみてください。


プロミスの返済シュミレーション

借入金額

返済回数

最低返済額

利息合計

10万円

32回

4,000円

26,316円

15万円

32回

6,000円

39,484円

20万円

32回

8,000円

52,676円

30万円

36回

11,000円

89,345円

50万円

58回

13,000円

248,998円


月々の返済は、ローンカードでATMから返済する方法と、
パソコン・スマートフォンを使ってインターネット会員サービスから振り込みで返済する方法があります。


インターネット会員サービスからの返済を利用するには、次のネットバンクの口座が必要となります。



インターネット会員サービスからの返済は、
深夜でも土・日・祝日でも365日、どこからでも返済可能になるので、
長期的な返済になるようなら口座を開設して、このサービスを利用することをオススメします!