即日融資が出来るカードローンのみ厳選して紹介しています!

どうしても今日中にお金を借りたい!!という人為のサイトです!

当サイト管理人が実際に調査し、検証したカードローンのみを掲載していますので是非利用頂けますと幸いです。


とにかく即日融資!最強のカードローン5選!

当サイトが実際に即日融資を受けたカードローンを5社厳選しました。
更に、自身の体験で早く借りれる可能性が高いものを順にランキング化しています。


急いでいる人はランキングの順に自身の条件に合っているものを選んでいってください!


三井住友銀行グループ プロミス

申込から融資まで最短1時間!土日祝日も22時まで対応!

申込から融資時間目安:1時間〜2時間
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短30分
土日祝日即日融資 22時まで対応
カード発行

あり(なしも可能)
当日中に発行可能

スマホでATMから借入

可能
セブン銀行のみ対応

24時間365日振込対応 ※1

三井住友銀行
ジャパンネット銀行

※1メンテナンス時間を除く

プロミスのここが魅力!
  • 最短1時間あれば現金を手に出来る!
  • アプリローンを利用すればスマホで出金可能!カードは不要!
  • 利用を誰にもバレない!
  • 初回契約なら30日の無利息なので元金のみの返済でOK!

とにかく融資を急いでいる!一刻も早く融資を受けたいという人はプロミス一択!

申込から最短で1時間あればお金を借りる事が出来るスピード融資対応で、土日祝日でも朝の8時から22時まで対応している点が魅力です。



また2017年の11月から登場した「アプリローン」を使えばまだセブン銀行のみですが、ATMをスマートフォンのみで操作出来るので借入と返済を両方行えるのでカードを受け取る前からスマホだけで融資を受けることが出来るのが急いでいる人には嬉しいポイント!



金利にこだわりたい人でも30日間は無利息期間として利用できるので返済はこの期間は元金のみでOK!すぐにでも借りたいなら三井住友銀行グループのプロミスがおすすめ!



新生フィナンシャル レイクALSA(アルサ)

新規リニューアルで超絶人気のカードローン

申込から融資時間目安:最短1時間程度
実質年率 4.5%〜18.0%
借入限度額 1万円〜500万円
審査時間 最短15秒
土日祝日即日融資 21時まで対応
カード発行

あり(なしも可能)
当日中に発行可能

スマホでATMから借入

可能
セブン銀行のみ対応

24時間365日振込対応 

モアタイムシステム加盟の銀行全て

レイクALSAのここが魅力!
  • 審査結果がすぐにわかる!(最短15秒でスマホで確認した場合)
  • 郵送物が一切なく契約出来るので誰にもバレない
  • ATM利用手数料が無料
  • 最長で180日間の無利息期間がある!

レイクALSAのいいところは何といっても審査結果がすぐにスマホで確認出来るというところ!


それに融資を受けるための方法が充実していて、

  • 振込融資
  • カードを利用してATMから出金
  • スマホのアプリでATMを操作し出金する

これらも充実していますが、2018年の10月9日より銀行の振込反映時間を24時間365日化させるモアタイムシステムを導入し、振込での融資であっても24時間365日反映するようになったので、どう転んでも即日融資を受ける事が出来るというウルトラハイスペックなカードローンです。


また、初回契約時には最長で180日間も無利息期間が利用出来るので金利面は一切気にすることなく、お金を借りることが出来るというのも魅力です!



J.Score(ジェイスコア) AIスコア・レンディング

仮審査最短30秒!驚異的な低金利が魅力!

申込から融資時間目安:最短1時間程度
実質年率 0.8%〜12.0%
借入限度額 10万円〜1,000万円
審査時間 仮審査最短30秒
土日祝日即日融資 非対応
カード発行

なし

スマホでATMから借入

非対応

24時間365日振込対応 

平日の14:50までに振込依頼が必要

J.Score(ジェイスコア)のここが魅力!
  • 業界屈指の低金利!
  • ソフトバンクのみずほ銀行の共同出資で大手運営で安心
  • スコアによって金利引き下げや限度額の増額も可能
  • 融資は最低10万円から受けることが出来る

ジェイスコアの魅力は、他社とちょっと異なりとにかく超が付くほど低金利という部分です。
金利は0.8%からどれだけ高くても12.0%と銀行カードローンの平均的な金利よりも低いという部分です。


ただし、融資方法は振込融資のみなので、平日の14:50までに契約出来ない場合は翌営業日の振込に持ち越されるので注意!


審査方法も、質問に答えてスコアを出すAIスコアを確認して申し込みする方法と、いきなり申し込みをする方法があるのですが、スコアを算出まで約30分〜1時間程度時間が掛かるので急いでいる人は、「そのままお申し込み」を利用し申し込みをする方が融資まで早いのでこちらの利用がおすすめ!



三井住友銀行グループ SMBCモビット

WEB完結で会社への電話連絡がない!アプリローン対応で人気

申込から融資時間目安:最短2時間程度
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
土日祝日即日融資

可能
スマホでのアプリ
カード発行

カード発行

あり(なしも可能)

スマホでATMから借入

セブン銀行のみ対応

24時間365日振込対応 

平日の14:50までに振込依頼が必要

SMBCモビットのここが魅力!
  • セブン銀行ATMを利用すればスマホのみあれば入出金が可能!
  • 完全に自宅で契約まで済ませるWEB完結が人気!

SMBCモビットは、審査時間自体は同じ三井住友銀行グループのプロミスほどではありませんが、概ね2時間〜3時間程度あれば融資を受けることが出来ます。


こちらもスマートフォンだけあれば融資を受けることが出来るので、土日祝日でも21時まで即日融資に対応しています。


スペック的に同グループのプロミスよりもどうしても見劣りしてしまいますが、モビットは「WEB完結」で、郵送物なしに加え、会社への電話連絡もない契約方法があるので、会社への電話がどうしてもイヤという人はSMBCモビットがおすすめ!



アイフル

20代に人気のカードローン パートやアルバイトの人にも人気!

申込から融資時間目安:最短1時間程度
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
土日祝日即日融資

可能
スマホでのアプリ
カード発行

カード発行

あり(なしも可能)

スマホでATMから借入

対応

24時間365日振込対応 

平日の14:50までに振込依頼が必要


アイフルは、審査申込後に電話をする事で審査を優先的にすすめてもらえるので、急いでいる人はネットから申込した後に電話連絡を行い審査についてをその場ですすめてもらう事がおすすめ!


パートやアルバイトの人の審査期待値が高いので仕事をしてまだ3ヶ月以内という人などには打って付けのカードローンです。



即日融資が出来るカードローンの選び方

上記で紹介したカードローン以外も即日融資に対応しているカードローンは多くあります。
基本的にカードローンの利用をする人で最も多いのが急場の資金確保が多く、実際私自身も取り扱えずすぐにお金を借りたい状況で申し込みを行いました。


インターネットで探せばすぐに「最短即日」、「即日融資」、と記載がある業者が多く見受けられますよね。


ただ、インターネット上で見かける広告で良く目にする『即日融資』っていう言葉には注意が必要です。


というのも契約自体はその日のうちに出来てしまうことも多いですが、振込だけしか融資方法がない場合は翌日、土日の場合は翌月曜日の朝に持ち越しされる可能性が高いからです。


2018年の10月11日より、ネットバンキングの営業時間の延長により24時間365日の振込反映が行われる事となりましたが、ローンの振込に対してはほとんどの業者が対応しておらず、唯一対応したアナウンスを出したのはレイクALSAのみです。


急いでいる人は上記のランキングは実際に私が利用し、検証したカードローンから選んで欲しいのですが、これ以外のカードローンを選びたい場合は、以下の3つのポイントを抑えてしっかりと業者選びを行っていくようにしましょう!


インターネットだけで契約を完結出来るのかどうか?

急いでいる人で来店不要・郵送物なしでスマートフォンやパソコンだけで契約を出来るのかどうかというのは非常に重要な項目です。


忙しい仕事の合間を縫っている場合など、いちいち来店するのも面倒ですし、申込用紙を取りに行き記載して郵送するというのも時間も掛かりますしハッキリいって面倒でしかありません。


とはいえ、じゃあなんの書類の提出もなしに契約出来るのかというとそうではありません。必ず本人の確認出来る書類の提出が必要となるのですが、スマートフォン等で撮影した写真データをアップロードする事で簡単に書類を送付出来る仕組みに対応しているということです。


LINE等で写真を送付する簡単な感覚で利用出来るので迷わずこちらを選ぶようにしましょう。


結果的にスマートフォン1台あれば、契約から融資まで全てこなすことが出来るカードローンも多いので急いでいる人はインターネットで完結出来る業者選びを行うことを意識しておきましょう。


カードローン業者 来店有無 郵送有無
プロミス インターネット完結 スマホカメラの写真でOK
モビット インターネット完結 スマホカメラの写真でOK
アイフル インターネット完結 スマホカメラの写真でOK

スマートフォンのアプリでATM出金できるのか?

大手の消費者金融はほとんどのカードローンが、スマホのアプリを通じてATMから入出金を行えるようになっています。


まだ、どのカードローンもセブン銀行のATMしか対応していませんが、スマートフォンのアプリを利用することによって入出金を行えます。
手順としては、どこもほぼ同じで、以下のような手順を踏みます。


  • スマホアプリを起動させる
  • セブン銀行ATMの番号入力での取引を押す
  • QRコードをアプリ経由で読み込む
  • アプリに表示された数字をATMへ打ち込む
  • 取引を開始し出金する

アプリでATM操作はまだ使い慣れない人も多いですが、使ってみれば非常に簡単でシンプルです。
いちいちカードを持つ必要もありませんし、セブン銀行ATMへ行く手間こそは掛かりはしますが、24時間365日いつでも利用出来るので、平日の忙しい時に契約だけ先に済ませておき後でATMで借り入れを行え、ホントにムチャクチャ便利なので急いでいる人はこの機能が使えるのかどうかをまずチェックしましょう!


スマートフォンアプリのATM取引に対応しているカードローン一覧
  • プロミス
  • アコム
  • アイフル
  • モビット

ひとまずアプリを利用したATM出金が出来るカードローンを契約する事が最も楽な手順ですが、近くにセブン銀行のATMがない、、という人は一手間掛かりますがカードを無人契約機へ受け取りに行く事も出来ます。


即日融資の審査に通りやすくするには

どの業者を選べばいいのかは分かりましたが、肝心の審査に通らなければハッキリ言ってどの業者を選ぼうが無意味に等しくなりますよね。


実は、即日融資を狙うには審査に通りやすくするポイントがいくつかあります。
非常に重要な事なのでしっかりと以下を読んでください。


借入希望金額は50万円以下にする事!

最も重要なのは、借入希望金額を50万円以下にする事です。
出来れば最小枠となる10万円程度にする方がより可能性は高くなります。


というのも、50万円以上の融資に関してはどのカードローンも審査は慎重になり、1日〜2日掛かるようになるからです。


私の経験上ですが、50万円以下であればほとんどの大手消費者金融は書類提出などをスムーズに行えば1時間〜2時間で融資を受けることが出来るので必要以上のオーバー融資を受けようとしないということを意識しておきましょう!


融資を受ける目的でギャンブルは避けるコト!

借入目的で最も多いのが、生活費の借入と娯楽費用です。


ただ、審査にとってマイナスなのが、パチンコやギャンブルの資金調達の為の融資を受けることです。
たまに他社から借入が既にある場合で新たにカードローンへ申し込みを行うと、


「利用目的はなんに使われますか?」
といったような質問を受けることがあります。こういった時に私の経験上最も良い答えなのが、


趣味で釣りをやっているけれどどうしてもいい道具をローンで揃えたいから


と答えると大抵の場合は納得してもらうことが出来ました。


ただし、本当に目的がギャンブルの為の資金確保であるならば私自身も昔それが目的で180万円まで融資が膨らみ、返済がホントにしんどかったので、そもそも借りてまでやる事ではないので、自己資金で出来なくなった時点で潮時と思い、それ以上傷を広げないようにする事を検討しましょう。


申し込み時の内容にウソを記述しないコト!

たまにいるのが、他社借入の金額は少ないほうがいいと考え他社からの融資を受けている金額を少なく記述する人です。
なんでわかるかというと私もそうだったからです(笑)。


ローン業者は基本的に全てのローンを信用情報を照会し全て正確に把握します。
これに相違がある場合は、審査に時間が多く掛かる傾向があり、


例えば、私の場合には勤め先の会社の名前のフリガナを間違えただけで電話が掛かってきて内容を口頭で説明をした事があります。


必ず嘘偽りなく、全て間違いなく正直に内容を記述するようにしましょう。


急いでいる人が間違っても申込してはならない業者

上記で紹介しているカードローンは全て即日融資に対応していますが、間違っても申込してはならない業者もいるので注意喚起として説明していきます。


銀行カードローンを選ぶ場合

銀行カードローンは、2017年の4月まで即日融資を行う銀行も多かったのですが、総量規制対象外で融資を行っていた件で問題となり、2018年の1月より完全に即日融資は行わないように審査基準を厳格化し、審査に対して最低でも1日以上掛かるようになりました。


なので、即日融資自体を受けることは確実に出来ません!
もし紹介していた場合は、情報が2017年の7月前の情報なので注意しましょう。


ただ、やはり銀行カードローンは平均的な金利が14.5%で、消費者金融よりも平均的な金利よりも3.5%低くなっています。この差は50万円以下の融資に対しては最も開いて月に3,000円弱ですが、それ以上の金額になるとかなりの差が出てきます。


時間が、2日〜1週間後にお金が必要で尚且つ他社への借入がないという人は銀行カードローンの利用がおすすめです。


中小の消費者金融を選ぶ場合

中小の消費者金融は基本的にほぼ即日融資を行っていません。
というのも振込での融資となるため、朝一で申込をしたところで銀行の振込反映する15:00を回るからです。


なぜそうかと言い切れるかというと私自身が中小の消費者金融に今日中にお金を借りたい旨を伝え多々聞きまくったからです(笑)。
結果として判断したのは、急いでいる場合は大手消費者金融以外の選択肢はあまりおすすめ出来ないという結論に至りました。


即日融資を受けるためのまとめ

最後に重要な項目だけ簡単ました。


  • 大手消費者金融のカードローンが最も可能性が高い
  • インターネットで契約を完結出来るところを選ぶ
  • スマホ1台で申込から融資まで全て行える
  • 融資希望額を50万円以下にする
  • 借入目的でギャンブルはNG
  • 申し込み時に嘘の記述は行わない
  • 銀行カードローンと中小の消費者金融は選ばない

ざっくりとまとめましたが、基本的に選ぶ業者は、プロミス、アコム、アイフル、レイクALSA、モビットの5業者で、1日〜2日程度余裕があるという人は低金利で契約出来るジェイスコアを選んでおけば間違いありません。


一昔前までは即日融資を受けたい場合は、14時を過ぎていた場合は、直接無人契約機へカードを取りに行かなくてはなりませんでしたが、今はスマホ1台あれば全て出来てしまうので、即日融資の考え方も大きく変わりました。


自由用途で利用出来る便利なカードローンですが、利息という金額の代償に未来のお金を先にもらう事という事をしっかりと意識して利用されて下さい。


カードローンはとても便利で自由に何に使ってもいいという有益なものですが、穴を付いてしまえば簡単に返済能力を超えるほどのお金を借りれてしまいます。


とにかく急いでお金借りたいという人に、何に使うのと野暮な事は言いません。


カードローンってホント一回借りたら元金が減るって遅いんです。終わりがないんじゃないのっていう錯覚すら覚えます。
しっかりとした返済計画あってのローンなので、


ただ、借りる前にもう一度、そのお金が本当に必要なのかというもう一度しっかりと考えて申し込みされて下さい!